ノウハウ

リゾートバイトのノウハウ

kanrinin

リゾートバイトの口コミ評判には

「リゾート地を満喫しながら、
仲間とわいわい楽しく働ける」といったプラスの声もあれば、
「リゾートバイトはやめとけ」という声もあります。

この記事では、
なぜ一部からリゾートバイトに警戒する声が上がるのかその理由を探り、
問題を解消する方法を提案していきます。

リゾートバイトにチャレンジしようと思っているあなたが、
楽しい経験を作り出すための準備ができるよう、
この記事が手助けとなれば幸いです。

【リゾートバイト】メリットがたくさん!

リゾートバイトには、

多くのメリットがあることは間違いありません。

下記に、その魅力をいくつか紹介します。

  • 貯金が増えやすい
  • 独特な経験が得られる
  • 新たな人々と出会える
  • リゾート地を十二分に楽しむ
  • 日常リズムが整いやすい

あなたの適性や好みは人それぞれですが、
リゾートバイトはその利点が多く、
魅力的なパートタイムの選択肢であるといえます。

一気にお金を貯めたいと考えている方にとっては、
リゾートバイトはフルタイムで長期間働くこととなり、
しっかりと収入を得ることが可能です。

また、住み込みで働くため、
生活費は控えめになり、
出費も少なく抑えられるため、
貯金が増えやすいというメリットがあります。

さらに、
全国の様々なリゾート地で働くことができるため、
長期間、自分の好きな環境で過ごしながら働くことができ、
価値ある経験が得られます。

その上、新しい出会いもあり、
リゾートバイトで一緒になった仲間とともに働き、
寝泊まりするという思い出を作ることができます。

もちろん、
休日にはリゾート地を思う存分楽しむことも可能です。

以上のように、
リゾートバイトには多くの利点があります。

しっかりと情報を集め、
自分に適した職場を選ぶことができれば、
理想の働き方を見つけることができるでしょう。

しかし、自分の好みに合わない職場を選んでしまうと、
長期間働く中で辛さを感じるかもしれません。

最初にしっかりと情報を集め、
自分にピッタリのリゾートバイトを見つけることが大切です。

「リゾートバイトはやめとけ」と言われる理由

「リゾートバイトはやめとけ」と一部から言われる理由は次の通りです。

人間関係の複雑さ

リゾートバイトを経験した人の中には、人間関係のトラブルに巻き込まれた人もいるでしょう。

一般的に、リゾートバイトに参加する多くの人々は、大きなトラブルや問題には遭遇せず、アルバイトを楽しんでいます。しかし、完全にトラブルがないわけではありません。リゾートバイトの職場では多くのスタッフが働くため、性格が合わない人や上司との相性が悪い場合もあります。

もし自分と合わない人が職場にいても、すべてのスタッフと深いつながりを持つ必要はありません。適切な距離を保ちながら仕事に取り組むことで、ストレスを抱えずに働くことができます。また、自分自身では解決できないような問題に直面した場合は、信頼できる人に相談したり、途中で退職する選択肢もあります。

以上のように、リゾートバイトでは人間関係のトラブルが生じることがあるかもしれませんが、それは全ての場合に当てはまるわけではありません。上手に対処し、楽しみながら仕事に取り組むことが重要です。

寮の設備

リゾートバイトでは、通常、住み込みの形態で働くため、アルバイトスタッフには寮がある。ホテルや旅館などの宿泊施設で働く場合は、一室を利用できる。
ホテルや旅館以外の職場では別の寮が提供される。

寮は数か月間の滞在が必要となる場所です。

職場によっては住環境が悪い場合もあります。寮が老朽化していたり、清潔に保たれていない部屋もあります。

  1. エアコン設備が備わってない場合も。
  2. プライベートスペースのない相部屋

理想的なリゾート地での仕事でも、住環境に問題があるとストレスになる可能性があります。仕事は楽しいけれども、住む場所が不快だという理由でリゾートバイトを辞めることもあります。寮の状況を事前にしっかりと調査することが重要です。

リゾートバイトの勤務先や派遣元の会社に寮の施設内の写真を見せてもらい、事前に聞いておきましょう。
希望するリゾートバイトが見つかったら、寮の環境について詳しくリサーチし、適切な対策を行うことが重要です。

寮の周辺環境

リゾート地は、
通常都心から離れた場所に位置してることが多いです。
職場に近い寮の周囲には何もないこともよくあります。

観光地が職場の場合、
休日には観光スポットで楽めます。
しかし、リゾートホテルなどの周辺環境が悪い場合は、休日の娯楽が限られる可能性もあります。

娯楽に限らず、
スーパーやコンビニなどの生活施設も近くにないことも考えられます。

買い物や必要な物資の調達方法や頻度も考慮する必要があるでしょう。

寮の周辺環境については、
派遣元の会社に問い合わせることで情報を得たり、求人情報にも掲載されていることがあります。
地図アプリなどを活用して自身でも周辺環境を事前に確認することが重要です。

繁忙期の体力

リゾートバイトは、主に観光地やリゾート施設のハイシーズン時に増員募集されることが多いです。
繁忙期は非常に忙しいと覚悟しておいた方が良いでしょう。
サービス業であるため、土日や祝日などピークで忙しさが増します。

休憩時間が取りづらく、残業や連勤が続くこともあり、体力的に負担がかかる状況となることも。

真面目な性格の方は、
自らアラートを発することが難しく、無理をしてしまい、疲労困憊してしまう可能性もあります。

体力的な負担に対する解決策は2つあります。事前に仕事量や勤務環境について情報を収集し、問題が起きないようにすることです。

求人情報などで平均の残業時間や勤務形態を確認し、他の人の経験談を参考にすることで、仕事のイメージを掴んでおきましょう。

職場の同僚や先輩たちに助けを求めることです。
疲労を感じるのは、単に仕事に慣れていないだけかもしれません。
仕事のやり方を知っている人に遠慮せずに質問し、アドバイスを受ける姿勢が重要です。

閑散期にシフト

閑散期にはシフトに入れないという課題があります。
リゾート地の集客は繁忙期と閑散期で大きな差がありますので、閑散期になると集客が急激に減少してくる。

利用者が減ると、従業員の出勤も必要なくなり、アルバイトスタッフのシフトも自然と減少してしまいます。

リゾートバイトは、主にハイシーズンの増員として働くことが一般的です。
閑散期から現場に入る場合もあります。

働く意思を持っていてもシフトに入れないという状況では本末転倒ですので、勤務開始時期についても事前に繁忙期を調査し、調整しておくことが重要です。
現地に行っても働けないといったトラブルを回避できるでしょう。

中抜けシフト

リゾートバイトの宿泊施設では、「中抜けシフト」と呼ばれる働き方がよく見られます。朝と夕方以降がピークです。
夕方からはチェックインが始まり、お客様の案内が忙しくなってきます。

翌朝、お客様がチェックアウトするまでの時間帯も忙しくなり、昼間は利用客が少なくなる。

昼の時間帯は従業員も手が空くため、「中抜けシフト」という働き方が採用されます。

中抜けシフトでは、働く時間は合計8時間です。
昼間の休憩時間帯も夕方以降に仕事があるため、自由な時間が制約されます。
時間の拘束感を感じるかもしれません。

「中抜けシフト」のような働き方は、
人によって大変に感じることがあります。中抜けシフトを避けたい場合は、求人を探す際に「通し勤務」という条件で検索すると、中抜けシフトの勤務を回避できます。

慣れるまでが大変

リゾートバイトでは、未知の遠い土地で働くことになります。初めての土地や新しい人間関係に馴染むまでには、多くの人にとって大変な過程です。

リゾートバイトのスタッフは皆、「早く気の合う仲間がほしい」という思いを共有していますので、打ち解けるのも早いかもしれません。

リゾート地で働くという共通の目的を持っているため、仕事に没頭することで新たな環境への適応も意外とスムーズになることがあります。

もちろん、人見知りで新しい環境への適応に時間がかかる方もいます。そういった場合は、リゾートバイトよりも普段の生活圏内で行えるアルバイトの方が向いているかもしれません。「リゾートバイトはやめとけ」と言っている人の中には、相性の問題が原因となっている場合も多いので、自分自身との相性を見極めることも重要です。

まとめ

リゾートバイトには、「観光地やリゾート地で楽しく働ける」という魅力的なイメージから、遊び半分で応募してしまう人もいるかもしれません。

忘れてはならないのは、リゾートバイトは仕事です。
休日には思い切り観光地やリゾート地を楽しめますが、仕事のために職場に入っていることを忘れてはいけません。

求人情報を見た時のイメージと現実のギャップを感じて、「リゾートバイトは大変だ」と感じることもあるでしょう。うまく行かなかった経験から不満を抱き、「リゾートバイトはやめた方がいい」という情報を発信している人もいます。

もちろん、休日は思いっきりリゾート地を楽しんでください。

仕事の日はかなり忙しくなるというイメージをしっかり持ってからチャレンジすると、仕事として真剣に取り組めます。

以上が、「リゾートバイトはやめた方がいい」と言われる理由についての解説でした。

リゾートバイトを検討している方には、リゾート地や観光地でのアルバイト求人情報を探す際に、さまざまな情報を比較検討し、自分に合った条件の求人を選ぶことが大切です。

他の人の経験談や口コミも参考にして、自分との相性や働き方についてもよく考えてみてください。

ABOUT ME
記事URLをコピーしました